食欲増進効果

なんとなく食欲がない。こんな時もお酢があれば大丈夫。お酢の酸味が胃の働きを活発にし、食欲をアップ!食事は健康の基本です。お酢を活用して毎日の食事に取り入れましょう。


お酢の酸味が唾液や胃液を分泌させて食欲UP

すっぱいものを見ただけで唾液が出てしまう。そんな経験は誰にでもあるはず。
唾液には糖質を分解するアミラーゼという消化酵素が含まれているので、唾液の分泌と連動して胃の働きが活発になり胃液が分泌します。つまり、お酢の酸味は唾液や消化液の分泌を高めるはたらきがあるのです。
また、酢のさわやかな酸味は気分を爽快にさせ、食欲を増進させてくれます。
食欲がなくてもお酢の料理なら食べられるのは、お酢が食欲を呼び起こしてくれるからなんです。

食前のサワードリンク、酢の物、寿司などがおすすめ

朝食の前に1杯のオレンジジュース、ヨーロッパなどの海外ではおなじみの習慣です。
実は、これもオレンジの酸味が食欲を呼び起こす好例のひとつ。食前に酸味の効いたサワードリンクを飲めば、食欲増進につながります。
お酢とオレンジ、りんご果汁を合わせたサワードリンクや、りんご酢を炭酸水とはちみつを加えたドリンクなど、毎朝の習慣にしたいですね。
また、酢の物やお寿司などのお酢を使った料理は口の中がさっぱりするため、食欲がないときでも不思議と食べられてしまうので、おすすめです。
料理に青じそやみょうが、しょうがなどの香味野菜、こしょうや赤唐辛子などを組み合わせて、さらに食欲をアップさせましょう。


食欲増進効果がある食材いろいろ

1.ハーブ類

古くから薬草として親しまれているハーブ類は、食欲増進や消化促進に効果があるものばかり。ジャパニーズ・ハーブの代表青じそも、その香りの成分(ベリルアルデド)が食欲アップの手助けをしてくれます。

2.こしょうなどのスパイス類

その昔、こしょうは、健胃作用、消化液分泌促進、食欲増進の効果があるとして、医薬品として扱われていました。このように、こしょうを代表とするスパイスは、食欲を刺激し消化を助けるはたらきを持っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする